世田谷でもし注文住宅を作るなら周囲の道路や土地など立地をよく調べたうえで家を建てなければなりません。さてその肝心の家つくりでは注文の住宅となるので自分の要望を実現させることができますが、その際にここだけはやっておくに越したことはないという点は1つは雨戸です。この雨戸は最近は省略されてる家も多いですが、なにぶん日本の真夏はとても暑くて日差しが半端ないですから設置しておくと日差しを遮ってその分輻射熱を抑えられます。また真冬場は西側の窓などは敢えて閉めて置けば日差しは届かないけど結露対策としても貢献します。さて他にやっておいて損をしない箇所は暖房です。この暖房で盲点となってる箇所は脱衣所とトイレと玄関となります。他の質ン倍にはエアコンなどが普及してるし、風呂の内部にも最近は冷房または暖房機能がついていたりしますが、脱衣所とトイレと玄関は日本の家の多くでは最近建てられたのでも意外に少なかったりします。もしここに冷房もしくは暖房がついていたならば、脱衣所は真夏に風呂から出た時に汗が引かないまま苦労をしなくて済むし、脱衣所や玄関やトイレ、風呂などに暖房がついていたら高齢者などが寒暖差による心臓発作などであの世逝きのリスクを大幅減少してくれます。だからともかく家全体に冷房もしくは暖房が行き届くような配慮の工夫ができるような家にしておかないとなりません。なぜなら一度家が出来上がるとなかなか改造は大変やりにくい工事となるからです。

友人が世田谷に注文住宅を建てました

昨年の春、友人が世田谷に家を建てました。学生のころからずっとマイホームを持つのが夢だったので、家が完成したときはとても喜んでいた様子でした。ちなみに、友人は自分たちの希望を細かに反映させることができる注文住宅を建てました。注文住宅を建てると決めたときは、複数の工務店に相談して、見積もりを出してもらったそうです。そして、予算内で理想の住まいを実現すると提案してくれた工務店を選ぶことにしたと教えてくれました。さらに、依頼した工務店と事前に打ち合わせを何度も行って、理想の住まいを実現させたそうです。先日、世田谷の自宅に遊びに行ったのですが、想像していたよりも素敵な住まいで感激しました。家族みんなが快適に暮らすことができる工夫がされているので、毎日がとても快適に過ごせるようになったそうです。注文住宅を建てて良かったと実感していると、うれしそうに教えてくれたのが印象に残っています。

世田谷区での注文住宅

都内でも芸能人を始め、お金持ちが多く住んでいて、高級住宅地の位置づけを放っている世田谷区で、注文住宅を建てます。もともと主人の両親が住んでいた土地を譲り受け、新たに戸建てを建設する事になりました。一戸建てって、子供が巣立って夫婦二人になった老夫婦にとっては、お庭や部屋数と言った全てにおいてが広すぎて、草木の管理やお掃除などが大変になってきますし、二階へ続く階段の上がり下りなどもお年を召した方には足元が滑ったりするととても危なく心配です。そういった諸々の事情で、家を空け放ち、代わりに家のすぐ近くに分譲マンションを購入された訳です。かなり広い土地を開け放して下さったし、贈与などの関係もあるし、何よりご両親の為にも最初は二世帯住宅を検討したのですが、各々で暮らした方が両方の為に良いと遠慮され、別々に暮らす事になりました。